Iラインの自己処理法

脱毛をしっかり行う女性

Iラインは自分の目で確認できにくくまた粘膜部分もあります。ここを傷つけてしまったらそこから細菌が入り込み炎症を起こしてしまう危険性もあります。デリケートゾーンは基本的太くてバラバラで処理もしにくいです。

 

しかしきちんとケアすれば水着や下着を安心して着用できたり生理中の蒸れ等不快感を軽減できたりとメリットもあります。Iラインは背中やOラインに次いで自己処理しにくい部位であり、危険な場所ですが慎重にケアしましょう。自己処理の方法としては、ピンセットで抜く、カミソリで剃る、家庭用脱毛器、除毛クリームなどが挙げられます。
その中でも抜いたり剃ったりするのは脱毛後にトラブルが多いです。単純に短くしたいだけならカットだけでも十分ですがあまり短いとチクチクします。
除毛クリームだと自分に合ったものでないと全く脱毛ができません。この中だと家庭用脱毛器が一番いい方法だと思います。
なぜならエステと変わりない脱毛も不可能ではないと思うからです。いずれの方法にしてもやりすぎないことが一番大切です。

自分でおこなうIラインのお手入れのやり方

まず、Iラインとはどこのことを言うのか、脱毛サロンへ行かれてる方ならわかると思いますが、簡単に説明するとVラインよりももっと奥の性器周りのムダ毛のことを言います。なぜお手入れをする人がいるのかと言うと、夏に水着になったり、セクシーな下着になるとどうしてもめだって気になってしまうと言うことから、お手入れがサロンでも始まりました。
ではサロンで行けない方はどのようにしてきれいに処理しているのか気になります。Iラインは、背中やOラインについで、処理が難しい場所です。ですから自己処理でおこなう場合は気をつけなければなりません。 性器周りの肌は特にデリケートなため、カミソリではなくワックス脱毛がおすすめです。

 

ワックス脱毛は、海外を中心に人気がありムダ毛を毛根から抜くことが出来ます。そしてなにより、肌に大きな刺激を与えなくてすむのです。とはいえ、毛が再生してくる早さを考えるとやはり、自己処理でおこなうより、サロンのほうが安全でなおかつ、仕上がりもきれいに出来るのが魅力です。

黒ずみがひどいIラインの脱毛について

Iラインは、黒ずみができてしまいやすい場所です。黒ずみとは肌に沈着した色素のことで、肌の色合いを濃い茶色にしてしまいます。沈着がひどいと、光脱毛の施術は困難になります。なぜなら光脱毛の光は、色が濃い部分にほど多くの熱を与えるからです。
そのため本来は、肌全体に照射をしても白い肌にはさほど影響を与えずに、黒いムダ毛のみを熱で弱らせることができます。ホクロやシミも濃い色合いをしていますから、光の熱を受けやすいです。しかしそれらは肌のほんの一部分にしかないものですから、あらかじめ保護テープを貼っておくことで、光の影響を受けずに済みます。

 

ところが肌の全体が黒ずんでしまっているIラインの場合は、施術自体が困難になります。脱毛マシンのパワーを下げて、弱い光を照射しなければならないため、脱毛効果が出にくくなります。色素の沈着がそれほどなければ他の部位と同じように脱毛できますが、沈着がひどい場合には、脱毛完了までの施術回数が多くなることを想定しておく必要があります。

デリケートなIライン脱毛は自宅で

アンダーヘアのお手入れの中でも、Iラインは一番デリケートな部分であり、脱毛が難しい箇所です。
では、自宅ではどのようにIラインの脱毛を行えば良いのでしょうか。多くの人が選ぶのが、シェービングです。手軽な上に数分で処理が終わるので、誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。ただ、場所柄シェービングしてしまうと、新しい毛が生えた時にチクチクしてしまい、気になって仕方がないと言う人もいるのも事実です。

 

そこで、安全に処理できるワックスやクリームを使った除毛が人気を呼んでいます。最近は、自宅でケアできる種類も増え、プロが使用する薬剤もインターネットを使えば簡単に手に入る時代となりました。セルフで行うので、恥ずかしい部分でも誰にも見られることが無く、またサロンに通う必要もないので、自分のペースで施術を進められるのも魅力の一つです。根気強く、定期的に施術を行うことで確実に一歩一歩除毛を進めることができます。

Iラインの脱毛にかかる回数

Iラインの脱毛をしようとエステに行こうと思っても回数や費用といった所が気になる人もいるでしょう。Iラインはデリケートな部分ですから、エステ側は肌のトラブルを避ける為に機械の出力を弱めして照射しています。
その為、通常の脱毛よりも時間が掛かる場合があります。完璧な状態にしたい場合は3年ほど通う必要がある場合もあります。回数で考えれば一年に6回くらいが平均的なペースになるので3年だと18回もエステに通う必要があります。

 

また施術の効果は肌の状態によって変わってきます。肌が乾燥していた場合、効果が出にくくなるのでエステに行く時はしっかりと保湿を意識して行きましょう。年に6回の内の貴重な1回ですので無駄にしないようにしましょう。また、デリケートな部分ですので、担当のスタッフがいい加減だった場合、肌に影響が出る事もありますのでその場合はエステ側にしっかりと伝えて対応してもらうようにしましょう。この様な問題は早い方が良いです。

更新履歴